So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

<囲碁>謝依旻が女流3冠制覇 7年ぶり2人目(毎日新聞)

 囲碁の第13期女流棋聖戦三番勝負の第2局が28日、東京都内で行われ、230手で挑戦者の謝依旻(シェイ・イミン)女流本因坊・女流名人(20)が梅沢由香里女流棋聖(36)に白番中押し勝ちし、2連勝で奪取した。女流3冠制覇は小林泉美六段(32)が03年に達成して以来、7年ぶり2人目。謝は現行の女流3タイトルを独占する形になった。

 謝は台湾出身。02年に来日し、04年に14歳でプロ入りした(初段)。現在は四段で、日本棋院東京本院に所属。力強い棋風で激しい戦いを好む。

 06年、17歳1カ月で女流プロ最強戦を制し、囲碁界の女流棋戦最年少優勝記録を作った。女流本因坊戦は07年から3連覇、女流名人戦は08年から2連覇。今回の女流棋聖戦では梅沢の4連覇を阻止し、初の獲得を果たした。

 謝は「三つ取れてうれしい。ただ、責任というか、重みを感じます。今後は女流3冠にふさわしいを打たなければ」と語った。

 女流タイトルが三つ以上ある時期(1989年以降)にそれを独占したのは、謝が初めて。小林が3冠を制したときはタイトルが五つあった。【金沢盛栄】

【関連ニュース
囲碁:本因坊戦挑戦リーグ 高尾と山田が勝ち
囲碁:関西棋院2人目の外国人女性棋士
小沢幹事長:新成人、井山名人と対局 逃げ切れず引き分け
羽生善治王将「大きな勝負が続くので頑張りたい」
小沢・民主幹事長:逃げ切れず 新成人の囲碁・井山名人とドロー

小規模局の監督・検査手法を検討=郵政見直し、民業圧迫に配慮−亀井担当相(時事通信)
小沢氏「私の立場で対応」 名護新市長と会談、現行案見直し要請受け(産経新聞)
新学期の首都圏 電車内で痴漢など39人を摘発 1都3合同摘発チーム120人投入   (産経新聞)
<小沢幹事長>23日に任意聴取…終了後「国民向け」声明へ(毎日新聞)
自民政権なら首相辞任免れず=小泉元首相(時事通信)

<労働者派遣法>労組や弁護士が抜本改正求める (毎日新聞)

 労働者派遣法問題に取り組む労働組合や弁護士で作る「労働者派遣法の抜本改正をめざす共同行動」は27日、東京都内で集会を開き、労働政策審議会(厚生労働相の諮問機関)が昨年末に出した法改正を巡る答申を批判し、政治主導による抜本改正を求めた。また民主、社民、国民新、共産各党に「骨抜きではなく真に派遣労働者を保護する改正を」などとする要請書を提出した。

 集会では、安定した派遣の働き方として誘導する常用型派遣について「期間の定めのない雇用だときちんと規定していない。不安定雇用の解消につながらず、規制強化は骨抜きになる」と批判した。

【関連ニュース
派遣労働者:携帯で条件チェック 連合が2月サイト開設
登録型派遣:原則廃止 製造業務、常用型は例外 労政審
雇用:各党が政権公約に
社説:派遣法改正 労働者に安心と尊厳を
公設派遣村:東京都の宿泊者469人に

桜開花、平年より早め=ウェザーマップ、初の発表(時事通信)
<小沢氏団体不透明会計>小沢氏聴取会見 岩手県民ら、内容に不満の声(毎日新聞)
<国会>政府4演説1月29日実施で3党合意(毎日新聞)
<足利事件>92年12月7日の地検聴取テープ(3)(毎日新聞)
授業中の中学校でボヤ、生徒630人が避難(読売新聞)

都議補選終盤戦 島の発展へ舌戦 自・民、国会議員ら動員(産経新聞)

 川島忠一都議=自民=の死去に伴う東京都議補選島部選挙区(定数1)が24日投開票される。川島氏が23年間務めた牙城を守る自民と奪取を狙う民主の公認候補同士の一騎打ちで、両陣営は今夏の参院選を控え都議や国会議員を動員しての総力戦を展開。参院選を控え、「島をいかに豊かにするか」を互いに主張している。

 立候補者は、いずれも元衆院議員秘書で自民公認の三宅正彦氏(38)と、民主公認の池田剛久氏(44)=国民新推薦=の新人2氏。川島氏の親類の三宅氏は後継として政策を引き継ぎ進めることを強調し、池田氏は与党として島の発展のための予算を獲得していくことを訴える。

 「これまで何も考えずに川島さんに入れてきた」と話すのは東京都大島町の商店経営の女性(60)。川島氏は道路や港湾の整備などに取り組み、石原慎太郎知事が「これだけ予算獲得能力を持った政治家はいない」と評価したほどだ。

 直近の国勢調査(平成17年度)では、全島の就業人口のうち建設業は約15%を占め、全国の8・8%を大幅に上回る。大島町の漁業の男性(66)は「2人とも若くて実績がない。皆どっちが得かと話してる」。

 自民陣営は知事与党であることを強調。17日に大島町で丸川珠代参院議員が「工事をやらせない民主政権が、本当に公共工事にお金を出してくれるのか。マニフェスト(公約)詐欺にのらないで」と訴えた。

 一方、民主陣営は都議54人に全員2回ずつ応援に回るノルマを課した。国会議員も多数動員し、「政権与党、都議会第一党である民主こそが、予算を持ってこられるということを説明している」(陣営)。

 今後、自民には都連会長の石原伸晃衆院議員、民主には蓮舫参院議員らが駆けつける予定で、最後の訴えを続ける。

「大寒」でも春の陽気=沖縄は夏日−気象庁(時事通信)
追跡中のパトカーと車が衝突(産経新聞)
平沼氏、保守勢力の結集にも意気込み(産経新聞)
内陸10キロに海の珪藻…古代遺跡が示す大震災「高さ10メートル津波」(産経新聞)
一足早く「鬼は外」和歌山・補陀洛山寺(産経新聞)

「愛の泉」募金に153万円(産経新聞)

 東京都中央区銀座のソニービルで昨年11月20日から1カ月間行われたイルミネーション「愛の泉」の募金に、約153万円が寄せられた。

 この募金は昭和43年に始まり、イルミネーションに彩られた泉の中にコインを投げ入れると噴水や音響の変化が楽しめる“銀座の冬の風物詩”として定着した。募金は日本赤十字社など3団体に全額寄付したという。

 ソニービルの広報担当者は「若い人たちも演出にひかれて募金していただけた」と話している。

交差点で衝突、5人死傷=茨城(時事通信)
国技館あるから「よこづな」?いいえ「よこあみ」(読売新聞)
<偽証罪>元歯科医が起訴内容を否認 羽賀研二被告の事件(毎日新聞)
<木曽川導水路>名古屋市、負担金支払いへ 建設費用含まず(毎日新聞)
警視庁警部、電車内で女性の太もも触り書類送検(産経新聞)

大仁田氏、小沢問題に便乗失敗 嘆願書持参も門前払い(スポーツ報知)

 長崎県知事選(2月4日告示、同21日投開票)への立候補を表明しているプロレスラーで元参院議員の大仁田厚氏(52)が17日、資金管理団体「陸山会」の土地購入問題で東京地検特捜部と全面対決の姿勢をあらわにした民主党の小沢一郎幹事長(67)に対し、疑惑に関する説明責任を求め嘆願書を渡そうと突撃したが、あえなく失敗に終わった。

 民主党長崎県連のパーティーに訪れた小沢氏を狙い、会場となった長崎市内のホテルへ意気揚々と乗り込んだ大仁田氏。元秘書らの逮捕で揺れる中、厳戒態勢を突き破る“邪道突撃”に、党関係者も警備の警察官も驚くやらあきれ笑いを浮かべるやら。

 受付でいきなりつまずいた。小沢氏との面会をあっさり拒絶されると「渡してくださいよ」と嘆願書を差し出したが、県連関係者は受け取りを拒否。その後に対応した陣内八郎県議(60)と約10分間の押し問答。

 大仁田「何で断る理由があるんですか」

 陣内県議「この場に持ってこられる必要ないでしょ。趣旨が違う」

 大仁田「趣旨って、ここに(小沢氏が)来られてるわけですから」

 結局、県連本部に持ってきてほしいという陣内県議の要求に大仁田氏が折れ、引き下がった。

 報道陣に囲まれた大仁田氏は「本気で直談判したかった。説明責任を果たしてもらいたい」と強調。「誰かが言わなければ。(小沢氏の)SPの人だってちゃんと説明してほしいと思ってるよ」と自らの行動を正当化した。手には渡し損ねた嘆願書が握られていたが「近日中に持って行く。今日? どぶ板(あいさつ回り)で忙しい」と、足早に立ち去った。

 【関連記事】
小沢幹事長「お騒がせして大変恐縮」
鳩山首相が釈明 「検察批判でない」…小沢氏に「戦ってください」と発言
小沢幹事長、検察に宣戦布告!「断固戦う」
土地購入は相続した資金なのか裏金なのか…小沢幹事長元秘書ら逮捕

大久保容疑者の「接待」報道 東京・向島は穴場なのか(J-CASTニュース)
「小沢氏もう持たない?」民主内に懸念強まる(読売新聞)
発想を形に 服飾専門学校生がショップ運営(産経新聞)
ハイチ大地震 現地で活動、熊谷さん帰国「水と食糧必要」(毎日新聞)
温灸器「どんな病気にも効く」販売の会社捜索(読売新聞)

福島党首の4選決定=社民大会が開幕(時事通信)

 社民党は23日午前、党本部で第12回定期党大会を開き、福島瑞穂党首(消費者・少子化担当相)の無投票4選を正式決定した。同党は、今大会を夏の参院選での党勢拡大に向けた「総決起」の場と位置付け、党の結束を確認したい考え。大会には、連立を組む民主党代表の鳩山由紀夫首相や国民新党代表の亀井静香金融・郵政改革担当相が来賓として出席する。
 党大会に合わせて役員改選が行われる。重野安正幹事長と渕上貞雄副党首兼選挙対策委員長は留任の方向。辻元清美国土交通副大臣が兼任している国対委員長ポストの扱いなどが焦点となる。 

【関連ニュース
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する

石川容疑者、5000万円口座へ 水谷建設から「裏献金」の3日後(産経新聞)
ガス田合意違反なら「しかるべき措置」 日中外相会談で岡田外相が警告(産経新聞)
村越議員たった一人の反乱 「小沢幹事長辞任せよ」(J-CASTニュース)
足利事件再審で再生された録音内容の抜粋1(読売新聞)
「風化せぬよう子供に伝えたい」=祖母なくした遺族代表の下浦さん−阪神大震災(時事通信)

高1男子、父親の拳銃で自殺か…岡山の駐在所(読売新聞)

 21日午後4時30分頃、岡山県新庄村の真庭署新庄駐在所で、同駐在所に勤務する巡査部長(55)の高校1年の長男(16)が、自室のベッドで頭から血を流して死亡しているのが見つかった。

 長男の手元には巡査部長の拳銃があった。岡山県警は長男が自殺した可能性があるとみて調べている。

 県警によると、拳銃は通常、保管庫に鍵を掛けて保管するように決められており、当時の管理の状況などについて巡査部長から事情を聞いている。

 同駐在所は鳥取県境の南数キロにあり、近くには村役場や中学校などがある。村内で唯一の駐在所。

舛添氏トップ、2位鳩山首相=次期首相にふさわしい人−時事世論調査(時事通信)
民主・輿石幹事長代行、「捜査情報リーク対策チーム」設置は見送らず(産経新聞)
8割がネットで公開=学校法人の財務情報−文科省(時事通信)
<掘り出しニュース>たわわちゃん、清水寺に初詣で (毎日新聞)
建設業者の妻刺され死亡=出頭の46歳男逮捕−静岡県警(時事通信)

沈黙の民主・代議士会「今は発言しにくい」(読売新聞)

 小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡って、石川知裕衆院議員(36)らが逮捕された民主党は18日午前、国会開幕に先立って所属する衆院議員を集めて代議士会を開いた。

 当初、出席する予定だった小沢氏は姿を見せず、同党を覆う重苦しい空気を象徴するかのように、議員たちの大半は「今はコメントする状況にない…」などと沈黙したままだった。

 この日午前11時40分から始まった代議士会には、同党に所属する308人の衆院議員のほとんどが姿を見せた。しかし小沢氏は直前になって出席をキャンセルし、会合の冒頭、あいさつに立った山岡賢次国対委員長は党内の動揺を抑えようと、「司法の場で論じられるようなことを、国会で論じることはない」と述べた。

 出席者の多くは事件について黙ったままで、昨年の総選挙で初当選した相原史乃衆院議員(35)は取材に応じたものの、「今はコメントする立場にありません。ごめんなさい」。当選3回目の議員は「批判的な気持ちはもっているが、今は表立って発言しにくい」と語った。

 一方、自民党からは、沈黙する民主党の姿勢にも批判の声があがった。武部勤衆院議員は「小沢氏が表明した『検察との全面対決』という姿勢は異様だが、それ以上に異様なのは、この問題で党内から何の声も上がらないことだ」と語り、加藤紘一衆院議員は「民主党の議員は全く押し黙っているのは異常だし、民主主義社会において、自殺行為だ」と手厳しく批判した。

<少女水着画像>「ジュニアアイドル」都が保護者指導を検討(毎日新聞)
<内閣法制局長官>政府特別補佐人から外れる(毎日新聞)
JACボンバル機、大阪・伊丹へ引き返す 車輪格納できず(産経新聞)
介護職員処遇改善交付金の申請率は80%に―厚労省(医療介護CBニュース)
小沢氏、元秘書逮捕に雲隠れ(時事通信)

-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。